中期経営計画

中期経営計画「エボリューションプラン21」の作成当初、2021年3月期に見込んでいたガス導管維持管理事業の東京ガスグループへの移管範囲が縮小されたため、2020年5月に業績目標を見直しています。なお、新型コロナウイルス感染症や東京オリンピック・パラリンピック延期の影響は折り込んでおりません。

事業環境

建設業界、不動産業界
震災被災地の復旧・復興に向けた事業や巨大地震・風水害といった大規模自然災害に備えるための国土強靭化基本計画が継続
東京オリンピック・パラリンピックの特需や国家戦略特区による東京都心の大型再開発、東京都心部のオフィスビル開発などで市場が拡大
「フラット35」の適用範囲拡大や、2019年の消費増税後の需要減少の対策として、「住宅ローン減税」が受けられる期間を追加で3年間(計13年間)延長するなど、政府・行政による方針も打ち出されており、受注は緩やかに増加
エネルギー業界
天然ガスは安定性、経済性、環境性に優れたエネルギーとして、世界的にも、また日本においてもますますその存在を高める

電力・ガス小売全面自由化が実施され、エネルギー業界に大きな変革。2020年の発送電分離や2022年度に予定されているガス導管部門の法的分離に向けた準備が進められている

水素などの代替エネルギーや再生可能エネルギー、蓄電池などの技術の着実な進歩に伴い、各エネルギー会社の競争もさらに激しくなっていくことが予想される

電力・ガスともに一層の競争原理の導入により、設備投資計画に伴う工事の発注単価が引き下げられる可能性も

戦略の方向性

中期経営計画(成⻑戦略)の概要と進捗

業績目標

詳細につきましては、こちらのPDFをご覧ください↓

ページのトップへ戻る