IR情報開示方針

1.基本方針

株式会社協和日成は、株主や投資家の皆様が、当社についての理解を深め、適正な評価をして頂くために、信頼のおける情報を、公平、迅速、客観的な形で、開示、発信していくことをIR活動の目的としております。

2.情報開示基準

当社は、金融商品取引法及び東京証券取引所が定める適時開示規則に従って、情報の開示を行っておりますが、金融商品取引法上の「インサイダー取引規制」に留意し、関連法令で求められている所定の手順に従っております。また、適時開示規則に該当しない情報であっても、株主や投資家の皆様の投資判断にとって必要であると考えられる情報については、積極的に開示します。

3.開示情報定義

法定開示
金融商品取引法に基づく開示 有価証券報告書、四半期報告書、臨時報告書、等
会社法に基づく開示 事業報告、計算書類及び連結計算書類、等
東京証券取引所の求める開示
適時開示 東京証券取引所から適時開示が義務付けられている決定事実及び発生事実、等
その他 コーポレートガバナンス報告書
その他の情報開示
IR関連開示資料(決算説明資料、等)

4.開示方法について

会社情報の開示については、情報取扱責任者の指示により、当該情報を適時適切に、証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示します。また、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁が提供する「EDINET」を通じて公表します。その他情報についても、適時開示の趣旨を踏まえて、公平かつ迅速に開示します。
また、TDnet、EDINETでの開示後は、速やかにウェブサイトでも開示いたします。

5.沈黙期間について

当社は、決算情報の漏洩防止のため、決算発表日及び各四半期決算日の翌日から決算発日までを沈黙期間とし、この期間は決算に関するコメントや質問への一切の回答を控えることとしています。ただし、この期間中に公表済みの決算業績予想を大きく外れることが見込まれる場合には、適宜、情報開示を行います。

6.スポークスパーソン

当社は、情報の正確性および開示の公平性の確保の観点から、代表取締役社長、適時開示担当取締役、IR担当取締役、IR担当課長をスポークス・パーソンとしております。株主や投資家の皆様からの取材の申し込みに対しては、原則としてIR担当取締役およびIR担当課長が対応します。

7.当社へのお問い合わせについて

当社へのお問い合わせに関しては、既に発表されております情報か周知の情報に限定されます。したがいまして、一部の方に、未公開の情報や特定の情報を開示することはありません。

8.開示体制図

ページのトップへ戻る