社会への取り組み

当社では「安全第一」を最優先に安全衛生水準の向上にも努めています。また、インフラ設備を支える工事会社として「Keep the Lifeline.」を合言葉に、人々の快適な生活を守り、日本の持続的な成長を支えるべく尽力しています。
 
安全教育の充実、事故事例研究、役員の現場巡視など、
安全を最優先とする事業運営のもと、
「お客様」「従業員」「社会」に向けた各取り組みを推進しています。
●お客様 (品質管理システム/CS活動)
ISO規格で培ったノウハウを進化させ、独自に策定した『QP(Quality Plus)マネジメントシステム』による全社品質管理体制を整備。
お客様から寄せられた「大満足」「不満足」を分析し、品質管理の向上に反映。
●従業員 (働き方改革/健康経営/新人事制度導入)
働き方改革推進委員会において、各部門の実態に合わせた長時間労働抑制策を推進。
従業員の活力向上、人材の獲得、生産性の向上を目的に「健康企業・健康経営宣言」を行い、健康づくり環境を整備。
キャリアパスの複線化、多機能化のための人事ローテーションの仕組みの整備、シニア人財の活用を目指して新人事制度を導入。
●社会 (災害復旧支援派遣)
ガス事業者等との連携により、災害発生時には復旧支援隊を派遣。

具体例~災害復旧支援

災害時派遣実績

延べ人数(当社施工監督と協力会社の派遣人数×稼働日数)

ページのトップへ戻る